スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の修行院 (10):さまざまな復興支援

最近、さまざまな復興支援があることを知りました。ここでは、被災地における就労支援・雇用創出の活動を紹介したいと思います。

(1)被災者支援ブランド「海の虹」(by 「被災者支援チームTEN」)
          ダンゴッチ
これは「被災者支援チームTEN」(代表:杉田 史)による宮城県南三陸町の被災女性への就労支援で、ティッシュカバー、ブレスレットなどの手作り小物を作成し販売しています。代表の杉田さんは修行院と同じ真言宗智山派のお寺の奥様です。

「海の虹」をめぐる杉田さんの活動については、下記のテレビニュースをご覧下さい。ただし、この動画は単なるボランティア活動家の苦労話ではなく、後半部分に被災者の心情(被災から復興への思い)が克明に記録された貴重な映像です。とりわけ、傾聴ボランティアを志す方には、重要な映像資料となることでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=V1OzMN5XfPg

(2)被災地内職ブランド「しゃねっちゃ」(by 「被災者支援チームTEN」)
          しゃねっちゃばあちゃん
「被災者支援チームTEN」は最近、「海の虹」とは別に「しゃねっちゃ」というブランドも立ち上げました。これは南三陸町の仮設住宅の高齢者支援を目的に創設されたもので、現在ハンテンやエプロンなどの手作り製品を販売中です。「しゃねっちゃ」工房の様子については、下記のテレビニュースをご覧下さい。
http://www.woopie.jp/video/watch/8fa9a6701415d1f2

「海の虹」「しゃねっちゃ」の取扱商品および注文方法 については、被災者支援チームTENのホームページをご覧下さい。
http://www.kokuzouson.or.jp/uminoniji/
なお、2つのブランドの人気キャラクター「しゃねっちゃバアチャン」と「ダンゴッチ」のキャラクターシールは350円で販売されているそうです。


(3)被災者支援ブランド「浜のミサンガ 環(たまき)」(by 「三陸に仕事を!プロジェクト」)
これは「三陸に仕事を!プロジェクト」(実行委員長:佐藤滋樹)による岩手県から宮城県にかけての三陸海岸の被災女性への大規模な就労支援・雇用創出プロジェクト(現在、作り手さんは231名)で、「浜のミサンガ 環」という魚網で作ったブレスレットを作成し販売しています。7/11-9/10の二ヶ月間の集計では、作り手さんが約1,767万円の収入を得ています。CMソングの人気もあって、若者を中心に支援の輪が広がっています。

「浜のミサンガ 環」のCMは、見ている人の心を釘付けにします。もしかしたら、涙とは、このような画像との出会いのための極めて人間的な現象なのかもしれません。
(CMソング:「歩きましょう」、下記CMは宮城県南三陸町バージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=Nue4aes4HSM&feature=related
「三陸に仕事を!プロジェクト」のホームページ:
http://www.sanriku-shigoto-project.com/


スポンサーサイト
プロフィール

 がんばろう広野町

Author: がんばろう広野町
・・・
ブログ管理人への連絡はこちら

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。