スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の修行院 (3):東日本大震災物故者 一周忌法要

修行院の所属する真言宗智山派では、下記の日程で「東日本大震災物故者 一周忌法要」が執り行われます。

 ・日時:平成24年2月29日(水)、午後2時より
 ・会場:総本山 智積院(京都市東山区)金堂
 ・内容:ご詠歌付き「理趣三昧法要」

今回の震災により広野町で亡くなられた方を追悼するため、修行院住職も京都へ行って、上記法要に参列します。

<福島県での法要:真言宗智山派>
福島県では、下記の日程で一周忌法要が執り行われます。
 ・日時:3月11日(日)14:46から
 ・場所:いわき市内の久之浜・薄磯・豊間・永崎・勿来(被災状況
 ・当日の様子: 久之浜会場 薄磯会場1 薄磯会場2

<山形県での法要:真言宗智山派>
山形県では智山派僧侶による「東日本大震災 一周忌慰霊並びに復興祈願法要」が下記日程で開催されます。
 ・日時:3月10日(土)10:30〜12:00
 ・場所:山形市宮町の圓應寺
詳細につきましては、下記ページをご参照下さい。 
http://311.yamagata1.jp/modules/con06/index.php?content_id=58
 ・報道: 山形放送(3月10日) 山形新聞(3月11日)

<岩手県での法要:真言宗智山派>
岩手県では、下記の法要が開催されます。
(1)陸前高田市における東日本大震災受難者慰霊法要
 ・日時:3月4日(日)11:00より
 ・場所:陸前高田市の金剛寺被災状況
 ・報道:東海新報(3月6日)

(2)奥州市江刺区における一周忌法要
 ・日時:3月11日(日)14:00より
 ・場所:奥州市江刺区の興性寺
2つの法要につきましては、下記のブログ記事をご参照下さい。
http://chisansaigai.blog.fc2.com/blog-entry-19.html 

<宮城県での法要:真言宗智山派>
宮城県では、下記の法要が予定されています。
(1)石巻市における慰霊法要
 ・開催日:3月11日(日)
 ・場所:石巻市中浦の普誓寺
 (被災状況1被災状況2震災直後の普誓寺付近
 ・関連イベント:「鎮魂の鐘の音」(am5:00〜pm5:00)
          鎮魂の鐘の音
 ・報道:NHK(3月11日) 日テレ(3月11日)
     読売新聞(3月10日、宮城)
 ・ブログ:参加者の声1 参加者の声2

(2)山元町における一周忌法要
 ・日時:3月10日(土)、13:30より
 ・場所:山元町の明光院
 (山元町の被災状況仮埋葬身元不明の遺骨

<全日本仏教会に所属する各団体の実施する一周忌法要>
各団体が実施する一周忌法要の一覧については、下記ページをご覧下さい。なお、下記一覧表には、真言宗智山派寺院の智積院、高尾山、成田山、川崎大師における慰霊法要が紹介されています。
http://www.jbf.ne.jp/2012/02/post_218.html

<仏教NGOネットワークの加盟団体の実施する法要>
http://bnn.ne.jp/members/311.html

スポンサーサイト

2月の修行院 (2):東日本大震災 追悼式の開催

広野町では「東日本大震災 追悼式」が下記の日程で開催されます。
・日時:平成24年3月11日(日)、14:40-15:30
・場所:かんの斎苑
・問い合わせ先:福祉環境グループ 電話 0240-27-2115

詳しくは「広報ひろの号外20(2月24日)」をご覧下さい。

広野町追悼式次第
               (画像:追悼式の式次第 3月9日撮影)

<被災三県の追悼式の開催予定>
(岩手県)追悼式の実施予定市町村
http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=36988
(宮城県)県と市町村の追悼式開催予定
http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/tsuitou/eq_ceremony.htm
(福島県)追悼式典およびイベント開催情報について
http://www.pref.fukushima.jp/311ffc/311event.html
(被災三県の追悼式典およびイベントの開催情報)
http://www.sic.med.tohoku.ac.jp/~satodai/netvol-myg/index.php?3.11-%C4%C9%C5%E9%BC%B0%C5%B5

<全国での追悼式の開催予定をまとめたサイト>
http://blog.livedoor.jp/hukkogannen2012/

2月の修行院 (1):広野町役場の帰還

    広野町下浅見川周辺
               (画像:広野町下浅見川周辺)

福島県広野町は、福島第1原発事故でいわき市に移した役場機能を3月1日に町内の元の庁舎に戻すことを決めた。4月1日に役場機能を戻す同県川内村に先んじ、原発事故で役場を移転した9町村で最も早い。今後、除染を本格化させ、町民の帰還を促す。証明書発行などのため、いわき市に設けた役場支所に職員20人程度を残す。

町は原発事故で全域が緊急時避難準備区域に指定され、全町民約5300人のほとんどがいわき市などに避難した。役場は小野町に移した後、昨年4月にいわき市に再移転した。区域指定は9月に解除され、これまでに約250人が町に戻った。12月には町議会が庁舎内の本来の議場で開かれている。(河北新報、2月4日からの抜粋)


    広野町役場
               (画像:帰還する広野町役場 3月9日撮影)

    建設中の仮設住宅
               (画像:広野町下北迫に建設中の仮設住宅 3月9日撮影)
プロフィール

 がんばろう広野町

Author: がんばろう広野町
・・・
ブログ管理人への連絡はこちら

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。