スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修行院 檀信徒の皆さまへ (この記事は、全国に離散した檀信徒向けに常にトップに設定してあります。最新記事は次の記事からです)              

修行院(6月15日)画像2

          (津波の後片付け途中の修行院本堂 2011年6月15日撮影)


修行院 檀信徒の皆さまへ

広野町の多くの皆さま同様、修行院も今回の震災の大津波により、甚大なる被害を受けました。(本堂は残りましたが、庫裏は倒壊寸前の被害)
その後、自治体の自主避難要請により広野町を離れ、避難先を求めて各地を転々とした後、現在、修行院住職一家はいわき市に避難しております。

いわき市に避難して以来、住職は毎日車でお寺に通い、緊急時避難準備区域指定のため各種ボランティア団体の支援を受けられず、住職一人で津波被害の後片付けを行って、修行院の復興に努力してきました。その結果、やっと本堂で法要ができるまで復旧することができました。

今後とも皆さまのご支援・ご鞭撻を賜りますよう、
お願い申し上げます。

★先祖供養/連絡先/伝言ノート★
(1)ご先祖さまの供養:
法要のご希望があれば、本堂にてご供養致しますので、住職までご連絡下さい。
(震災以降、命日にご供養できなかった方も、遠慮なくお申し出下さい)
(2)住職のケータイ電話: 090-3758-1980
(ほぼ毎日、12時から17時まで修行院本堂にいる予定です)
(3)伝言ノート:
住職不在時に来訪されました方のために、本堂前にノートを備えておきますので、皆さんのメッセージをお書き下さい。

★皆さまへのお願い★
修行院の檀信徒の方で、当寺の復興状況をご存じない方へも宜しくお伝え下さい。
★檀信徒の皆さまへの対応★
今後は、住職が順次仮設住宅等を訪問して、皆さまの相談に伺いたいと考えております。

皆さんと一緒に「新しい広野町」を作って行きましょう。

  平成23年9月5日    修行院住職 岡田文明

   

【ブログ開設(平成23年9月5日)】
修行院の復興を支援するために、コンピュータ等の利用できる環境にない修行院住職に代わり、住職の専修学院同期生有志によって「修行院復興ブログ」が開設されました。ブログの開設経緯についてはコチラをご覧下さい。

   
          《震災以降の広野町の関連情報》

【広野町の現実】
 震災からの復興を他の被災地と比べた場合、修行院の復興が遅すぎると感じる方も少なくないでしょう。しかし、広野町は津波被害に加え、放射能汚染の危険を回避するための「町民の自主避難」という過酷な運命を辿り、復興が大幅に遅れた自治体であります。
 最近、修行院周辺で撮影された動画があることを知りました。
(YouTube動画へのリンク先)http://youtu.be/h3Gf9CX9bbo
これが震災直後の映像ではなく、2011年5月26日の映像であることにご注目下さい。広野町の深刻さをご理解頂きたいと思います(下図は、産經新聞2011年4月25日から)
     産經新聞20110425

【広野町の災害復興ボランティア受け入れ状況】
 震災後、しばらくの間、宮城県石巻市などの多くの被災自治体は、想定外の災害に接し、正式な災害復興ボランティアを受け入れる状況にありませんでした。そこで、これらの被災地では、真言宗智山派の僧侶を始め、全国から集まった多数のボランティアが、自己の責任において現地で復興活動を展開しました。
 2011年9月7日、広野町の担当者に確認しましたところ、震災発生から半年が経過しようとするこの時期に、広野町は今もなお、災害復興ボランティアを受け入れられる状況にはないということでした。今後、緊急時避難準備区域指定の解除へ向けて、事態が改善されることを期待したいと思います。
 一方、広野町とは対照的に福島県の南相馬市は、同じく第一原発から30キロ圏内に位置しながらも、ボランティアセンターを設立し、積極的に災害ボランティアを受け入れて、被災地の復興復旧に努めてきました。原発被害への対応が自治体によって異なるという複雑な事情も存在するのが、今の福島なのかもしれません。

【福島汚染がれき 広野町に搬入計画】
 福島県楢葉町の草野孝町長が関連する建設会社が、広野町に所有する採石場跡を、東京の不動産会社などに売却する契約を結んでいた。不動産会社は「放射性物質に汚染されたがれきなどを搬入する計画がある」と。(2011年9月10日、東京新聞)

【広野町議選 県議選と同日投票】
 広野町選管委は13日、延期している町議選(定数12)を県議選に合わせ、11月10日告示、同20日投票で行うことを決めた。(2011年9月14日、福島民報)

【広野町 自主避難めぐり二分】
 福島第1原発事故の緊急時避難準備区域から解除が検討されている福島県広野町が、自主避難の基準をめぐり真っ二つに割れている。すでに自宅に戻った住民がいる一方で、「慎重派」は原発の冷温停止まで避難の継続を希望。(2011年9月20日、産経新聞)

【原発避難準備区域、月内解除へ 5市町村が復旧計画提出】
 東京電力福島第1原発事故で指定された緊急時避難準備区域が9月中に一斉解除される見通しになったことが20日、分かった。(2011年9月20日、河北新報)

【避難準備区域、9月30日に解除へ】
 東京電力福島第一原発から半径20〜30キロ圏の緊急時避難準備区域について、野田政権は30日に区域を解除する方針を固めた。 (2011年9月26日、朝日新聞)

【帰還、来年12月までに 福島・広野町長が方針】
 福島第1原発事故で全域が緊急時避難準備区域になっている福島県広野町は26日、町内の除染作業に10月末にも着手し、来年12月までに全町民の帰還を実現させるとの目標を明らかにした。(2011年9月27日、河北新報)

【学校再開へ責任もって除染を!】
福島県内では、先月30日、原発の異常事態に備えて避難の準備が求められる緊急時避難準備区域が解除されました。区域の中にある学校も元の校舎での再開が可能になりましたが、再開を決めた学校は一部にとどまり、対応が分かれています。(2011年10月7日、NHK解説委員室)

スポンサーサイト
プロフィール

 がんばろう広野町

Author: がんばろう広野町
・・・
ブログ管理人への連絡はこちら

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。