スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の修行院(3):年始の予定

修行院檀信徒の皆様へ

<年始行事のお知らせ>
1. 御年始受付: 平成25年の御年始は、修行院本堂にてお受けします。
元旦は午前10時より、1月2日以降は午前9時よりお受けしますので、宜しくお願いします。

2.御年始祈祷: 修行院では例年1月2日と3日、御年始のご祈祷に回っておりましたが、まだ避難されている方もおられますので、平成25年の年始祈祷は中止させて頂きます。

* ただし、新年のご祈祷を希望される方には、ご祈祷に伺いますので、希望の時間帯をお決めの上、住職まで電話でご連絡下さい。

12月の修行院(2):震災後を生きるヒント(ラジオ カフェ・デ・モンク)

     Cafe de Monk

「カフェ・デ・モンク」は、岩手県から福島県にかけての沿岸部で被災者の傾聴活動を続ける超宗派の宗教者(僧侶、牧師、神官)による移動喫茶。同グループは移動喫茶とは別に、2011年10月よりDate FM(エフエム仙台)でラジオ版カフェ・デ・モンクを放送。今回、その1年間にわたる「ラジオ Cafe de Monk」のインタビューの記録が出版されました。なお、移動喫茶をラジオ版と区別して「リアル Cafe de Monk」と呼ぶそうです。

ラジオ番組の司会は、板橋恵子(FM局アナウンサー)。
ラジオ番組出席者は、金田諦應(僧侶, カフェデモンク主宰)岡部 健(医師,「心の相談室」室長)、山浦玄嗣(医師, ケセン語訳聖書翻訳者)、日野原重明(医師, 聖路加国際病院理事長)、吉岡棟憲(僧侶,「原発事故さえなければ通信」発行者)、玄侑宗久(僧侶, 作家)ほか。

【出版情報】
書名:『ラジオ・カフェ・デ・モンク~インタビュー集・震災後を生きるヒント』
出版発行:心の相談室
著 作:エフエム仙台
著 者:板橋恵子、ご出演のみなさん
編集者:三浦正惠
印 刷:イー・ピックス出版
発行日:2012年12月1日
定 価:1,200円(税込み)
ISBN:978-4-901602-1
※宮城県内有名書店にて発売中。

【新聞の紹介記事】
・中外日報(社説、12月20日)
・読売新聞(宮城版、12月25日)
・産経ニュース(12月30日)
・河北新報(1月22日)

【ネット販売】
「イー・ピックス/有限会社大船渡印刷」の下記ページから購入可能です。
http://www.epix.co.jp/
イー・ピックスさんのfacebookページはこちらです。

12月の修行院 (1):三陸復興カレンダー2013

三陸復興カレンダー2013

来年の三陸復興カレンダーが届きました。三陸に震災前のように祭りが戻ることを祈念しています。

カレンダーの詳細は、下記ページをご覧下さい。
http://sviwatecal.jimdo.com/


10月の修行院 (1):原発事故子ども・被災者支援法「福島フォーラム」(10月13日)

10月13日(土)、郡山市労働福祉会館で、原発事故子ども・被災者支援法ネットワークと福島県弁護士会 主催の「原発事故子ども・被災者支援法 福島フォーラム」が開催されました。
詳細は下記ページをご覧下さい。
http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2012/121013.html

<ツイッターまとめ>
http://togetter.com/li/389312

9月の修行院 (1):広島密教青年会による慰霊祭開催 (10月30日)

広島密教青年会(広島県の真言宗青年僧の集まり)様による東日本大震災物故者慰霊法要が下記要領にて開催されますので、皆様のご参加をお待ちしております。

・日時:10月30日(火)、10:00より
・場所:修行院本堂(広野町下浅見川)

なお、当日は本堂で大震災物故者の供養を終えた後、境内の戊辰戦争慰霊碑前にて慰霊法要を行います。(修行院境内には、戊辰戦争「広野の戦い」の戦没者慰霊碑がある)

P1000627 のコピー

正観寺さんのHPによれば、広島密教青年会は、広島県安芸地区各派真言宗の僧侶が一丸となり、宗祖の教風を現代に宣布する為、事教両相の研修並びに種々の行事を旨とし、昭和37年に創設されたそうです。

8月の修行院 (2):「大災害と文明の転換」(現代宗教2012)

『現代宗教2012 特集:大災害と文明の転換』(現代宗教研究所 編集、秋山書店、2012年7月10日発行)所収の吉水岳彦氏による「東日本大震災被災地支援における仏教者の活動」(p. 130下段)の中で、福島県の智山青年会の活動として「広野町修行院ふれあい広場」における支援活動が紹介されました。

         

8月の修行院 (1):復興祈念花火大会

広野町の復興を祈念する花火大会が下記のとおり開催されます。

1)日時 2012年8月11日(土)15:00より
  【雨天の場合12日(日)に順延】
 
2)会場
メイン会場   築地ヶ丘公園
花火打上箇所  浅見川河口

     

当日のタイムスケジュールについて、下記ページをご覧下さい。
http://www.town.hirono.fukushima.jp/sangyo/hanabitaikaitaimusukezyu-ru.html

当日は、USTREAMによる動画配信も予定されています。
http://www.town.hirono.fukushima.jp/kikaku/dougahaisinn.html

6月の修行院 (2):〈プロメテウスの罠〉病院、奮戦す(高野病院)

広野町の高野病院の震災直後の様子を綿密に取材した、朝日新聞の「プロメテウスの罠」の新シリーズ(第13シリーズ)「病院、奮戦す」が6月9日から始まりました。震災直後の緊迫した状況下での高野病院スタッフの奮戦を伝える貴重な連載記事です。

       高野病院111118

第1話:今日が乗り切れても(6月9日)
第2話:制度に殺される(6月10日)
第3話:立てこもる覚悟(6月12日)
第4話:まずは水と食料だ(6月13日)
第5話:えっ?爆発した?(6月14日)
第6話:私たちは残ります(6月15日)
第7話:どの程度危険なの?(6月16日)
第8話:信頼されているから(6月17日)
第9話:最後のサイレン(6月18日)
第10話:患者がもたない…(6月19日)
第11話:調整役がいない(6月20日)
第12話:そっとしておいて(6月21日)
第13話:見ないと分からない(6月22日)

第14話:30キロ圏内「応援出せぬ」(6月23日)
第15話:個別に対策打たねば(6月24日)

朝日デジタル掲載の連載記事は、下記アドレスから読めます。
http://digital.asahi.com/articles/list/prometheus.html

6月の修行院 (1):智山ジャーナル

宗派の機関誌『智山ジャーナル』第61号(平成24年6月1日発行)の「特集 震災から一年」に「三十キロ圏内の寺院の一年」(執筆者:修行院住職)というタイトルの手記が掲載されました。

           智山ジャーナル

5月の修行院 (1):お見舞金の御礼

遅くなりましたが、過日、長野県の長谷寺さまから、再度修行院に対する過分の見舞金を頂戴いたしましたので、ここにご報告させて頂きます。

本当に有難いご支援でございます。皆さまのご支援に心より御礼申し上げます。

   平成24年5月11日         修行院住職 岡田文明


     しだれ桜
プロフィール

 がんばろう広野町

Author: がんばろう広野町
・・・
ブログ管理人への連絡はこちら

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。